岩国の開墾事業

慶長5年(1600年)、関が原戦後の領地分配で闘いに敗れた毛利家の家来(毛利元就の次男・吉川元春の三男)吉川広家は、山陰の東出雲12万石から周防長門(現在の山口県)の東端に位置する岩国領6万石に減封されました。

しかし、岩国は錦川が頻繁に洪水を起こして沼、浅瀬、葦の広がる原野で、当時の検見帳によると周防の禄高は3万石しかありませんでした。この状況を改善するため、吉川家は殖産興業政策により埋め立て開墾事業を行い、20年後の寛永年間の熊野帳でやっと6万石となっています。

1600年初期の岩国は、錦川が複数の川筋で流れ、平地は川が運んだ土砂で湿地帯・沼・中州などでした。

下の図は現在の岩国市の地図と重ねたものです。

岩国市の中心である麻里布地区や岩国基地も海の中でした。

1600年初期から19世紀にかけて干拓事業が行われました。

岩国地区で見ると開府当時3200石でしたが、 熊野帳では7200石になり、藩制末期には16000石に増加しました。

その結果、幕末には米作で8万石、塩田・和紙の販売を加えて実質12万石と豊かな土地になったのです。

 

その埋立地の最大の面積を占めるのが川下地区のデルタ地帯で、岩国基地が現在建てられている場所で、埋め立てられた海岸の広さはおよそ2,000エーカー(8.1平方キロメートル)になりました。

参考:岩国市史 第三章 農耕地の開拓

沼・干潟・川跡・遠浅海の開墾 http://www.kintaikyo-sekaiisan.jp/work3/left/featherlight/book14.html

第三節 川下地区の干拓 http://www.kintaikyo-sekaiisan.jp/work3/left/featherlight/images11/10.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です